あっという間に9月も終わりますね。
運動の秋、読書の秋、食欲の秋など、さまざまな活動が活発になる秋ですが、やっぱり秋と言えば食欲の秋ですよね。
ごはん屋さんでも、美味しそうなお料理メニューを見て、ついつい食べ過ぎちゃう!なんて人もいるのではないでしょうか。
そんな秋は、日本ならではの食材や食文化があります。

食欲の秋というのは、日本ならではのフレーズ。
なぜそう言われるのかというと、栄養価が高く美味しい食材が実り、収穫される季節だからです。
旬の野菜や果物には、その季節に体が必要としている栄養素が多く含まれています。気温が下がり、季節の変わり目で体調を崩しやすくなる秋は、体を内側から温めてくれる野菜など多く、旬を迎えます。

秋の味覚~果物編~

秋の味覚と言えば、木に実るジューシーなフルーツを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。果物は特に、秋に旬を迎えるものが多いです。

代表的な秋の味覚の果物
・ぶどう
・柿
・栗
・梨
・銀杏

秋の味覚~魚介編~

サンマをはじめとする秋に旬を迎える魚介類は、濃厚な脂がのっていて、身も固く締まっており、秋の味覚として存分に楽しめる食材です。
焼いてもフライにしても楽しめ、和風や洋風などジャンルに問わずさまざまなアレンジの料理を楽しむことができます。

代表的な秋の味覚の魚介類
・サンマ
・牡蠣
・カツオ
・鮭

秋の味覚~野菜編~

かぼちゃやさつまいもなど、甘くてホクホクした野菜のほか、れんこんなどの根菜類や松茸などきのこ類も秋に収穫の時期を迎えます。

代表的な秋の味覚の野菜
・きのこ類
・れんこん
・さつまいも
・じゃがいも
・かぼちゃ

夏の暑さなどで食欲がなくなっていた人もいるのでは?
秋に旬を迎える野菜や果物、きのこ、魚といった食材の美味しさを存分に活かした秋の味覚たっぷりの料理を楽しんで、夏の疲れをリフレッシュしましょう!
くれぐれも食べすぎには気を付けてくださいね!