秋のイベントといえばハロウィン🎃
そろそろお店ではハロウィングッズなどが並ぶ頃ではないでしょうか。
「西洋のお盆」とも言われるイベントですが、日本でも年々盛り上がりを見せています。

はじまりは、大昔のケルト民族の儀式「サウィン祭り」という秋の収穫祭がきっかけ。古代ケルト暦では、10月31日が1年の終わりの日とされていました。この日の夜にはあの世とこの世の境い目がなくなり、死者の霊が現世の家族に会いに来ると信じられていたそうです。
しかし同時に悪霊や魔女がやってきて、作物を荒らしたり子ども達を連れ去っていってしまうという言い伝えも信じられてきました。
こういった霊や魔女から身を守るために、かかり火を焚いて霊を案内したり、魔物から魂を取られないために悪霊や魔女の仲間のふりをして、悪いことが起こらないようにしていたそうです。

ハロウィンのシンボルとしてよく目にするのが、目と口と鼻をくり抜いて、中にキャンドルを灯したかぼちゃのランタン。実はこのランタンには「ジャック・オー・ランタン」という名前が付いているんです。
もともと古代ケルト人はかぼちゃではなく、カブを使っていたそうです。その日は悪魔や悪い妖精が徘徊していると考えられていたため、それを避けるためにケルト人がカブをくり抜いて火を灯してランタンにし、悪魔よけとして使っていたのだとか。
アメリカにハロウィンが伝わってからは、カブからかぼちゃになったそうです。

ここでひとつ、有名なジャック・オー・ランタンの伝説をご紹介します。
むかしアイルランドにジャックという酒飲みの乱暴者がいました。
ハロウィンの夜、ジャックは悪魔に魂を奪われそうになります。しかしジャックは上手く悪魔を騙し、自分の魂を取られないように約束をさせました。
やがて時は経ち、ジャックは死んでしまいました。悪いことばかりしていたジャックは天国には行けず、しぶしぶ地獄へ向かいます。地獄の入り口には以前騙した悪魔が立っており「お前の魂は取らないと約束したではないか」と、追い払われてしまいます。
天国にも地獄にも行けないジャック。暗闇の中、途方に暮れるジャックに、悪魔は小さな炎を手渡します。ジャックは近くにあったカブをくり抜いて、中に炎を灯してランタンにしました。カブのランタンを手に、ジャックは永遠に暗闇をさまようことになってしまいました。

伝説には諸説ありますが、ランタンを持ったジャックが今もなお、行き場を失ってさまよい続けていると言われています。

海外では「Trick or Treat(トリックオアトリート)」と言いながら、近所の家をまわってお菓子を貰う風習があります。日本語にすると「お菓子をくれないと、いたずらするぞ!」となります。
ケルトでは、霊や魔女が家を訪ねてきたときに「お供え物を差し出さなければ、その家には災いが起こる」という言い伝えがあり、それを恐れてお供え物として出されていたのがケーキでした。そのケーキを子ども達が集めてまわり、霊が天国へ行けるようにお祈りをしたのでした。
この風習が後にアメリカに伝わり、悪霊の格好をした子ども達が「Trick or Treat」と言いながら家をまわってお菓子を貰うようになったことで、今のハロウィンの形になったそうです。

ハロウィンは2000年以上もの伝統のある行事です。
日本でのハロウィンはアメリカからの影響が強く、本来の意味や由来などあまり知らない人は多いのではないのでしょうか。背景を知っているといつもとは一味違うハロウィンが楽しめそうですね。
ハロウィンの夜は、街は仮装した人たちで賑やかですが、悪霊がいっぱいいますからご注意を!