明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

毎年、年が明けると話題になる「初夢」。初詣など新年初めてのことは縁起が良いとされ、初夢もそのひとつです。
初夢は新年に初めて見る夢のこと。日本には、初夢でその年の運勢を占う習慣があります。

初夢はいつ見る夢?
初夢が初めて文献に登場するのは鎌倉時代。この時代は、立春(暦の上で春が始まる日。新暦で毎年2月4日ごろ)を、「新年、春の始まり」と考えていたため、前日の節分から立春の朝に見る夢を「初夢」としていました。
江戸時代になると、初夢は「大晦日の夜に見る夢」「元日の夜に見る夢」「旧暦1月2日の夜に見る夢」という三つの考え方があり、そのため「いつ見る夢が初夢なのか?」という議論もされていたそうです。
現在は年越しイベントに参加したり、テレビを見ながら年越しをしたりと大晦日は眠らずに過ごす人も多いことから、新しい年を迎えた1月1日や1月2日に見る夢、もしくは新年になって初めて見た夢を初夢とされています。

hatsuyume

初夢で一年の運勢を占う
古くから日本では、初夢に登場したもので一年の運勢を占うという風習があります。
良い初夢を見るために、七福神の宝船の絵や悪夢を食べてくれる想像の動物である獏(バク)の絵を枕の下に敷いて寝る人もいるそうです。
初夢で見ると縁起が良いとされているもので一番有名なのは、「一富士(いちふじ)、二鷹(にたか)、三茄子(さんなすび)」。いずれも縁起が良く、めでたいもののベスト3です!

■一富士(いちふじ)
山の夢は困難や達成を表すとされますが、富士山は日本で一番高い山であることから、高い目標や理想を叶える立身出世を意味します。また末広がりで、繁栄の一年となります。
■二鷹(にたか)
大空を舞い鋭い爪で獲物を捕まえる鷹は、チャンスをつかめる暗示。高く強く大空を舞うので、行動力を表し自由と夢の実現に繋がるとされています。
■三茄子(さんなすび)
「事を成す(=茄子)」とかけていて、財を成す、子を成すなど蓄財や子孫繁栄を表します。

その他にも縁起が良いとされる夢もいくつかあるので、調べてみるのも面白いかもしれませんね。

普段の夢よりも特別感のある初夢。
みなさんの初夢はどうでしたか?