みなさん、「十三夜」をご存知でしょうか?
広く知られているのは、前回ご紹介した旧暦8月15日(現代では9月中旬)の「十五夜」ですよね。「中秋の名月」とも呼ばれ、美味しい月見団子を食べながら、秋の満月を鑑賞するお月見の風習でしたね。
十三夜は十五夜に次いで美しい月とされていて、栗や豆の収穫期にあたるため、「栗名月」「豆名月」と呼ばれることも。
十三夜は旧暦の9月13日で現代の暦では年ごとに異なり、今年2020年は10月29日(木)です。

十五夜にお月見をする風習は、もともと平安時代に中国から伝わり、貴族の間に広がりました。
一方、日本では旧暦9月13日の月(十三夜)も美しいとされ、十三夜もお月見をするようになったそうです。十三夜は日本古来の行事なのです。

jusanya

陰の象徴である月は「お陰さま」に通じると考えられ、生きる糧である作物に感謝する旧暦9月の「収穫祭」の意味も込めてお月見をするようになったそうです。
お月見というと満月のイメージがありますが、十三夜の月は満月になる前なので少し欠けています。欠けた月も美しいと称えるところに、昔の日本人の豊かな感性を感じますね。

十五夜も十三夜もお月見を楽しむことを大切にしており、どちらか一方しか見ないことを「片見月」「片月見」と呼びます。「十五夜の月を見たら、十三夜も見ないと縁起が良くない」とも言い、昔は十五夜と十三夜を同じ庭で見る風習があったのだとか。

月を見上げて遊ぼう!
<月の模様で遊ぶ>
日本では月の模様を「餅をつくウサギ」に見立ててますが、国によっていろいろな見方があります。
例えば・・・
・本を読むおばさん(北ヨーロッパ)
・カニ(南ヨーロッパ)
・吠えているライオン(アラビア)
・ワニ(インド)
・ロバ(南アメリカ)

みなさんは、月の模様が何に見えますか?

jusanya

古くから日本では、四季折々の自然を感じて暮らしてきました。
秋の澄んだ空気の中、綺麗な月を見上げて秋の実りに感謝することがお月見の風習です。
日々の忙しさに追われる毎日ですが、ふと立ち止まり、月を見上げてみる。そんな心休まる時間を過ごしてみてはいかがですか?