9月も終わり、少しずつ涼しくなってきましたね。
さて、10月といえば「神無月(かんなづき/かみなしづき)」と呼ばれています。神無月は旧暦の10月を指します。
古来より日本では、自然界に存在する全てのものには神様が宿る八百万(やおよろず)の神という考えがあります。
この時期になると、日本全国の八百万の神々たちが日本のとある場所に会議へ出かけます。
神々は10月にどこへ出向き、何を会議するのでしょうか?

神無月とは

日本人なら誰でも聞いたことがある「神無月」という言葉ですが、どういう意味があり、どんな由来があるのか知っている人は意外と少ないのではないのでしょうか。
ひとつの諸説ですが、神無月とは文字通り神がいなくなる月。日本では毎年旧暦10月に、全国の神が島根県の出雲大社(いずもたいしゃ)に集まって会議をすると言われています。逆に神様がたくさん集まる出雲の国、島根県では、神様がたくさん集まってくるので「神様がいる」ということで、「神在月(かみありづき)」と呼ぶのだとか。
神様が出雲に集まり、恋愛だけでなく仕事や人間関係などの全ての縁結びについて話し合いをしていると言われるほど、出雲大社は縁結びで有名です。

神無月のあいだ、近くの神社に参拝しても意味がないの?

「そもそも神無月に参拝しても意味がないの?」「神様が全員土地を離れて大丈夫?」と心配される人もいるかもしれませんね。でもご安心ください。
全国各地にいる神様が出雲大社へ”出張”に出向いているあいだ、留守番をしてくれる神様がいます。
ふくよかな笑みを浮かべて鯛と釣り竿を手にしている姿が有名な恵比寿さまは、「留守神」として地域に残ると言われています。
諸説はありますが、元々漁民へ大魚をもたらす神であった恵比寿さまが、農民にも作物の収穫をもたらすと信じられ、ちょうど刈り入れ時のこの時期は恵比寿さまにとっても仕事がたくさん。地域によっては五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈る「えびす講」が執り行われるので、恵比寿さまは地域に残ってこちらのパーティーに出席しているのだとか。
なので恵比寿さまがいらっしゃるので参拝しても問題はないようです。

数字で旧暦や季節や行事に合わせた和風月名(わふうげつめい)は、伝統的な日本文化の良いところでもあります。
現在では和風名月を使うことはほとんどないかもしれませんが、10月が神無月となずけられた由来について知っていると、いつもとはまた違った秋の楽しみ方ができるかもしれませんね。
だんだん寒くなってきたので、風邪には十分に気をつけて秋を楽しんでくださいね!