みなさん、こんにちは!
急に寒くなってきましたね。風邪を引かないよう温かくして毎日を過ごしてくださいね。
みなさんは「事八日(ことようか)」という言葉を聞いたことがありますか?
日本には、古くから続く風習がたくさんあります。まだまだ私も知らないことが多いです。
今日は「事八日」について、みなさんと一緒に勉強していきたいと思います!

事八日とは

事八日とは旧暦12月8日と2月8日のことです。
12月8日は新たに物事に着手するという意味から「事始め(ことはじめ)」といい、2月8日は物事を終えるという意味から「事納め(ことおさめ)」といいます。
この事始めと事納めを2つまとめて、「事八日」といいます。

地域によってお正月を中心として12月8日を事始め、2月8日を事納めとするところと、1年の農事を中心として2月8日を事始め、12月8日を事納めとするところもあるそうです。
これは始める「事」が何を指すかで異なります。

一つ目小僧

事八日とは、事始めと事納めの役割があるだけではありません。地域によって異なりますが、妖怪や悪い神様が家にやってくるという伝承があります。
事八日に家に来る妖怪の中で有名なのは、一つ目小僧。
魔除けの意味を込めて、事八日には目籠(めかご:目を粗く編んだ竹籠)を軒先につるすならわしがあります。目籠はたくさんの目があるように見えるため、一つ目小僧が驚いて逃げていくと考えられているそうです。

kotoyouka

針供養

もうひとつ、事八日の行事として有名なのが針供養です。
針仕事を休み、いつも使っている針に感謝して供養する行事です。
供養の仕方は地域によって異なりますが、一般的には折れたり曲がったり、錆びたりすることで使えなくなった縫い針を、豆腐やこんにゃくのような柔らかいものに刺します。そして神社に納め針を供養すると、裁縫が上達すると言われています。

お事汁を食べてみよう!

昔から事八日に必ず食べるのがお事汁です。これは里芋・大根・人参・ごぼう・小豆・こんにゃくの6種類の具を入れた味噌汁のことで、無病息災を願って食べるものです。
冬に旬を迎える根菜類をたっぷりと使ったお事汁は、栄養が豊富で体も温まりますね。

あまり聞きなれない行事「事八日」について話しましたが、いかがでしたか?
事八日は全てのものに神霊が宿っていると信じていた日本人の、ものを大切にする心が生み出した行事ですね。