今年も残すところ二週間。少しずつ年末・お正月の気分になってきましたね。
日本ではお正月といえば、おせち料理。
おせち料理は幸福をもたらす新年の神様、年神様にお供えし、新たな一年の家族の健康と幸せを願って用意する縁起物です。

おせち料理は、もともとは季節の変わり目の節句(節供)に神様にお供えした料理でしたが、お正月が一番重要な節句なので、おせち料理といえば正月料理をさすようになりました。
おせち料理は重箱に詰めます。「福を重ねる」「めでたさを重ねる」という意味が込められているそうです。

Osechi

おせち料理の中身と種類
おせち料理の中身は、ご家庭や地域によって異なります。
引っ越し先などで、今まで見たことない材料に驚くこともあるかもしれませんが、どれも縁起の良い意味や願いが込められています。
今日は定番の中身を少しご紹介します!

黒豆
黒豆は甘くて黒い大豆です。
まめ(まじめ)に働くという意味と、まめ(健康)という意味を掛け合わせ、「真面目に働き、健康に暮らせますように」という意味が込められています。

数の子
数の子はニシンの卵です。
粒の多いニシンの卵には、子孫繁栄を願っています。

Osechi

海老
海老は腰を曲げている様子や髭が長いところが、お年寄りに似ているので「腰が曲がるまで元気に長生きできますように」という長寿への願いが込められています。

紅白かまぼこ
かまぼこは魚の練り物です。
紅は魔除け、白は清浄を表し、日本ではおめでたいことの組み合わせとして「紅白」が古くから使われてきました。このかまぼこは半月型をしており日の出を表しています。

昆布巻き
鮭の昆布巻きです。
こぶ(喜ぶ)と養老昆布(養老)とを掛け合わせ、「いつも喜んで過ごせて、長生きできますように」という願いが込められています。

Osechi

伊達巻
甘いオムレツです。
大事な文書や絵の巻物に似ているということで、知識が増え文化が発展するよう願いを込めて準備されます。

Osechi

栗きんとん
スイートポテトと栗の砂糖漬けです。
栗きんとんは黄金色をしており、商売繁盛や幸運をもたらします。

田作り
田作りとはイワシの砂糖漬けです。
昔、田んぼの肥料にイワシの粉末を使ったところ豊作だったことから、」「農作物が豊かに実りますように」という意味が込められています。

Osechi

日本の伝統であるおせち料理は、具材の種類や意味、各お重に詰めるべき具材など、様々なことが受け継がれています。
ひとつひとつの意味を言っていると、口にするときの楽しみも増えます。

いつもと少し違う朝を迎える元日。お雑煮やおせち料理を家族や友達と囲み、一年の始まりをお祝いすることはとても良い日本の風習ですね。
みなさん、素敵な年末・お正月をお過ごしください。