会長濱田のメッセージ

世界のグローバル化が進行しているなか、日本語教師の重要さが日増しに強まっており、日本語の分かる人材の需要も増えています。世界平和、さらに経済発展の一翼を担う人材を育成する為に、『東京こころ日本語学校』を設立することになりました。言語は、人の心と心が通じ合う重要な架け橋だとよく言われています。外国語を習得することにより、その国の人々と交流ができ、更にその国の文化や歴史等も理解できるのです。

本校は、言語だけではなく、日本の文化、風習、歴史への理解を深めることも学習の目標としています。

我々の学校の名前には、『こころ』という文字があります。この『こころ』は、『心が通じ合う』ことであり、知識だけではなく『心』の教育も重視する『こころ』でもあります。『心』のある人材を育てることは、我々の教育理念です。

様々な個性を持った人たちが集まり、この『心』を重視する学校で、楽しく日本語を覚え、日本の文化に触れ、大きな夢を叶える為に将来に向かって努力していきましょう。

校長千田のメッセージ

Greetings From Principal of Tokyo Cocoro School

みなさんが、海外に興味を持ったきっかけは何でしょうか。私が興味を持ったきっかけは、6歳の時に初。
めて見た映画でした。

映画だったり、本だったり、ゲームだったり・・・きっかけは人それぞれで、日本語を学ぶ理由も人それぞれだと思います。そして日本語を習得してやりたいことが、たくさんあると思います。日本にはたくさんの日本語学校がありますが、その中で私達が出会うのは縁があるからだと思います。

その縁を大事にして、これから皆さんが日本や他の場所で活躍できるように全力でサポートしていきます。皆さんをお待ちしています。わかる日本語から「使える」日本語を身に着けていきましょう。

教育ポリシー

tokyo-cocoro-japanese-language-school-logo

学生ひとりひとりの大きな夢を叶える為に、次の3つの教育方針を『こころ』を込めて、実践してまいります。

  • 世界平和、経済発展の一翼を担う『こころ』ある人材の育成

  • 『こころ』が通じ合うことの美しさを楽しむ日本語教育

  • 異国の文化、風習、歴史など『こころ』から尊重し合える相互理解