12月に入り一気に寒さが厳しくなってきましたね。暦の上での季節の節目「冬至(とうじ)」がやってきます。

冬至とは、一年の中で太陽が出ている時間が最も短い日のことです。つまり、夜の時間が一番長い日であり、この日を境に昼の長さが長くなっていく日でもあります。
今年2020年の冬至は、12月21日です。
日本ではゆず湯に入ったり、かぼちゃを食べたりといった習慣があります。

冬至にはゆず湯?
「冬至にゆず湯に入ると風邪を引かない」という言葉があります。
いくつか説はありますが、運を呼び込む前に身体を清める「みそぎ」の役割があったそうです。さらに香りの強いゆずを入れることで、邪気を払う意味も込めていたのだとか。
また、冬至=「湯治」、ゆず=「融通が利く」といった語呂合わせで融通が利くように、という説もあるようです。

the_winter_solstice

冬至にはかぼちゃ?
冬至で食べる物の中で一番有名なのは「かぼちゃ」。
かぼちゃの旬は夏ですが、長期保存がきくため、冬に栄養を取るのに最適な食べ物なんです。
また、かぼちゃは「南京(なんきん)」といい、「ん」がつく食べ物です。「運気取り」の意味で食べると縁起が良いとされていました。

「ん」のつく食べ物を食べる
冬至の日には「ん」がつく食べ物を食べるのが、縁起が良いとされています。
冬至の七種と呼ばれている「ん」のつく食べ物は、南京(なんきん)・にんじん・れんこん・ぎんなん・きんかん・かんてん・うんどん(うどん)。
縁起担ぎだけでなく、栄養をつけて寒い冬を乗り切るという意味合いもあります。

the_winter_solstice

冬至は一番寒さの厳しい時期です。かぼちゃや「ん」のつく食べ物を食べて栄養を蓄え、ゆず湯に入って身体を温めて、元気に冬を乗り切りましょう!